11月の活動日は、8日と15日と29日です!!

11月の松原キッズの活動日程!

11月1日  休み

11月8日 19:00 ~ 21:00

11月15日 19:00 ~ 21:00

11月22日 休み

11月29日  19:00 ~ 21:00

場所 : 合志市総合体育館「ヴィーブル」(サブアリーナ、1、2面)

松原キッズの参加費は、一般の方は300円、学生200円となっております!そして初めて参加される方は初回無料なので、どうかお気軽にご参加ください!お待ちしております!!

・コロナ対策のため、ご参加された方は、名簿にお名前とご住所を記載していただくかもしれません。

どうか予めご了承ください。

松原キッズの皆様こんにちわ!KANIです!

いやー、びっくりですよね。もうね、

毎年びっくりするけど、今年は特にびっくりですよね。ほんと。

皆様、もう11月ですよ!!11月なんですよ!

知ってました!?

あと2ケ月で2020年終わっちゃいますよ!?

 本来だったら、オリンピックやらなんやらで

結構、賑やかな年になるはずだった今年も、

振り返ってみると、

コロナやら不景気やら大雨やら台風やら、

厄災のフルコースでしたよね!!

なんか明るいニュースあったっけ?と

思い出そうとしても、まるで見当たりません!

いやはや、現代を生きる私たちは、すごく厄介な時代に出くわしちゃったと

言えますね!

とはいえ!ピンチはチャンスでもあります!!

この苦境をむしろ逆手にとって、

私たちはより進歩しちゃいましょう!!

ということで、私KANIが、コロナが流行る前から

習慣化して、わりと自分の成長につながった実感があった、

二つのネガティブリスト(~しないリスト)を紹介したいと思います。

1、食べない。(ファスティング)

断食って流行ってますよね。ガチなやつから、軽めのやつまで

ファスティングにはいろいろあります。

私も流行りにのって、18時間、食べ物を何も摂取しないという

プチ断食を、3年ほど毎日つづけております。

 続けてみた結果、「いいことしかなかった」というのが結論です。

まず、腸内環境がよくなり、便秘がほとんどなくなりました。

その次に「あれを食べたいなぁ」という食にたいする欲求が希薄になり

食欲に集中力が削がれるということが、めちゃくちゃ減ります。

これはめっちゃ助かりました!

2、座らない。

長時間、座り続けることが健康上よくないことは、最近よく言われている

ことですよね。

 なので私KANIも、今年の2月あたりから、スタンディングデスクに変えた

ことをきっかけに1日のほとんどを立ってすごしております!

最初のころはしんどくてバテてましたけど、慣れると

むしろ座ってる方が居心地が悪いです。

なにより、立ってると必然的に足踏みするので、運動不足解消にもなります。

そしてこれは私の個人的な感想なんですが、「不安になりにくい」というのが

割とショッキングな発見でした。

単純に体の血流が良くなるだけで、メンタルへの影響がここまであるというのが

青天の霹靂というか、

やっぱ体力が資本なんだなぁという発見です。

 食べないのも、座って休まないのも体に悪そうなイメージがありますが、

おそらく現実は逆です。

 健康とはむしろ、自分を追い込むことで体に自然と芽生える防衛本能によって

築かれていくものだと思います!

ということで皆様!あえて今の時代、自分を追い込みましょう!

とここまでゴリゴリマッチョな脳筋トークをしてきましたが、

私ももちろん、休む時はがっつり休んでますし、怠ける時は怠けてます。

 ただ、「よし!疲れが取れたぞ!」という実感を得るには、やはり追い込みが必要なのでしょうね!

と、それからもちろん、成長の基本は「運動」ですね!

筋トレなんかももちろん良いのですが、

スポーツなどを通してみんなでワイワイ楽しく体を動かすと、

なんと、脳機能を向上させる効果も爆上げするらしいですよ!

これはみなさま、松原キッズで一緒にバドミントンをやるっきゃないですよね!!

我々松原キッズは、いつでも、どんな方でも、ご参加をお待ちしております!!

一緒に成長しましょう!ふぅーっわ!ふぅーっわ!

========

やるやる!といって一向に始まらない私の動画ですが、

ほんとに準備はそろそろ完了しそうです!

 マジで・・マジで来月中には・・!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

kani

熊本在住の漫画家。漫画を描かない日はない。先の熊本地震のさなかにも、揺れながら漫画を描いていた。しかしその漫画はボツになった。どんなボツ作品にも全力で取り組むそのスタイルは、果たして長所なのか短所なのか、いまだ彼にはわからない。