作画崩壊している暇がない人のための、デッサン術!

どうも!ろくに働きもせず個人でアニメの映画を製作しているKANIです!

いやー、私がアニメを本格的につくりはじめて、かれこれ半年近くが経過しようとしているのですが、いまさらながら私、ある確信をしました!

それは、アニメを作るってすげぇ大変だなってことです!

ホント今更何言ってんだって話しですが、これがまー絵を描いても描いても終わらないのなんの!

デッサンデッサンデッサンの毎日を過ごしていると、なんか私悟ってしまいそうです!

というか!もはや絵の技術に関しては、いろいろ悟ったことがありますので、ここで皆様に私の発見した、

作画崩壊する可能性が極めて低くなる、私が独学で構築したデッサン術をお教えしようと思います!

======================

#1「どこから描き始めるか」が全て!

ところで皆様、普段、キャラクターの絵を描かかれる人は、どの部位から描き始めますか?

顔の輪郭や目や髪など、ホントーにこれは人それぞれで、一概にこうあるべきという話しではないとは思うのですが、

私KANIは、さんざん絵を描き続けてきて、「これが一番やり直す頻度が少なくてすむな!」と思ってるデッサン方があります!

それは、「とにかく可能なかぎり精密なシルエットを描くところから始める」です!

何言ってんだコイツ?と思われた方もいらっしゃるでしょう!ええわかります!私もこの技術をモノにするまでは、
キャラクターの顔の輪郭や、目など、描きたい部位から好きな様に描いておりましたが、その方法で数十年、絵を描き続けた結果、私は思い知ったのです!

「この方法だと、絵のイメージが全然定まんないぞ!」と!!!

自分が最も描きたいところから描いてしまうと、その部位にばかりこだわってしまって
「あーでも無いこーでも無い」とグダグダして、時間を無駄に取ってしまい(これは私の性格でもありますが)
その結果、ピタッとくるイメージに定まるまで、大変時間がかかってしまうのです。

 漫画など、絵の量をさほど必要としないコンテンツであればそれでもいいかとおもうのですが、
膨大な量のデッサン量が必要となるアニメとなれば話が変わってきます。

 とにかく!失敗(作画崩壊)をしてしまう頻度を極力減らすノウハウを可及的速やかに構築する必要に
私は直面したのです!!!(といっても一人で勝手につくっているだけですけどね)

 そこで!脳筋な私がとにかく日々、デッサンしてデッサンしてデッサンしまくったあげく発見した方法が
名付けて「シルエットデッサン」というやり方です!

 では、その方法を簡単にご紹介しようと思います。

===========================
この続きは
会員向けブログで公開しております!よろしければぜひ!!

https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3199579

TSFVR1




爽快!エンターテイメントコミック!
TSFVR1巻: 「入れ替わり探偵三條目の解決力。」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;
 




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 3巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 2巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 一巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kani

熊本在住の漫画家。漫画を描かない日はない。先の熊本地震のさなかにも、揺れながら漫画を描いていた。しかしその漫画はボツになった。どんなボツ作品にも全力で取り組むそのスタイルは、果たして長所なのか短所なのか、いまだ彼にはわからない。