【エッセイ】ある漫画家の馬鹿げた日常。#7

どうも!親愛なる皆様こんにちわ!漫画家のカニです!!

いやー方言っていいですよね!ほんと、オレあんまり使わないですけどね!方言!
 でも日本の素晴らしい文化のひとつだと思うので、大事にしていきたいですよね!

 皆様のお住まいの地域でも、それぞれ方言ってありますよね!
たとえ都市圏に住まわれている方でも自分たちのコミュニティにだけ伝わるだけの言い回しなんかが
自然とできてくるものだから、やっぱり日本語って、言葉って面白いなぁとおもいます!!

 だけど、そんな素晴らしい方言の中でも、「なんでこんな言葉が残ってるの?」って
思うものってありますよね?

それが私たちにとっては「じごんずって」です。

単純に「いつ使うんだよ!」っていうのと、「使い所がないのにどうして残ってるんだよ!」という疑問を
半端なく感じます!

 皆様の中にも、そういった「使い所や意味がわからない方言」なんかがあれば教えてくれれば嬉しいです!
それをネタに漫画を描くのもありかも!おまちしてまーす!

 それでは今日はこのへんで!またよろでっすぅー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

kani

熊本在住の漫画家。漫画を描かない日はない。先の熊本地震のさなかにも、揺れながら漫画を描いていた。しかしその漫画はボツになった。どんなボツ作品にも全力で取り組むそのスタイルは、果たして長所なのか短所なのか、いまだ彼にはわからない。