・【雑談】電子書籍は個人出版だからこそ生きてくる!#1

どうも!親愛なる皆様こんにちわ!漫画家のカニです!

 いやー、寒いですねーしっかし!
もう毎日毎日、だんだん寒さがひどくなっていってるような気がします!
今朝の熊本なんて、雪がつもりましたからね!
なかなかないですよー!熊本の平地で雪がつもることなんて!
 おかげで珍しいものが観れて楽しかったですけど!

さて、そんな「天気の話」という究極の世間話はこのへんにして
私最近、アマゾン以外でも電子書籍を販売しまして、ちょっと思ったことがあるので
今回、ブログにしたためさせてもらいます!

皆さま、電子書籍はお持ちでしょうか?

 ここのところの出版業界の不況っぷりとは裏腹に、電子書籍の成長っぷりは
マジ半端ないですよね。

 一時期は「電子は読みにくい」とか「目が疲れる」などとネガティブな意見を言われていた時代もあったのですが、
スマホの普及とともに、簡単、便利な電子書籍の需要は急速に高まっております。

 かくいう私もそんな電子書籍業界に一枚噛んでる人間なので
スマホなどの端末で漫画をよく読むようになったのですが、
正直、「家にある全ての紙の本を、電子化してぇ」と思っちゃうくらい
電子書籍は便利です。

 今後、電子書籍リーダーなどの端末がより進化し、より電子書籍が読みやすくなっていけば、
もういよいよ紙媒体が決定的にオールドメディアとなってしまうのは自明なことだとおもいます。

正直、電子書籍を世界に普及させようとしてる、大変に影響力をもった企業を相手に、
世界中の出版業界と本の愛好家たちがどんなに戦っても、
この「書籍の電子化」の流れは、止まることはないでしょう。

・大量消費社会ではニッチな需要に応えられない。

以前ツイッターなどで、プロの漫画家の方のあるツィートを拝見しました。
その内容は「自分の本を買ってくれようとしてくれた人が、書店で本を見つけられずに嘆いている。」というものでした。

 書店には多くの本が置かれていますが、その本たちはどれも平等に並べられてるワケではありません。
 より多く売れることが期待できるものは、大量に入荷し、それらを目立つように平積みにされますが、
そうでないものは、50音順に棚に並べられるだけです。

 ゆえに、たとえどんなに情熱をもってお目当の本を買いにきても、その本が書店に売り出されてなければ、
その書店に置いてあるのか無いのかもわからず、膨大な本棚をくまなく探さねばなりません。

 たとえ一定数の需要が見込まれる商品であっても、業界が決めた基準を満たせない商品を売り出すことはできない。
その結果、本来応えられるはずの需要に応えることができない。

なぜこういう事態がおきてしまうのか、

 それはこれまでの出版業界が「大衆(マス)」をターゲットにするビジネス構造だったからです。

・電子書籍は小規模な需要に応えることができる。

おそらくこういったケースは、今の世の中ごまんとあるでしょう。
しかし、これはどうすることもできない話です。

なぜなら「物」は「場所」を必要とし、そしてどんなに大きくても「場所」は有限だからです。

「場所」が有限である以上、「より売れそうなもの」を優先的に仕入れるほかなく、
出版業界においても「より大衆(マス)」の需要を満たせるもの」を育てることに力をそそぎます。

 いままでの時代はそのやり方でよかったかもしれませんが、
ネットの普及によってその「大衆(マス)」が細分化したときに、現代のビジネスモデルが
通用してこなくなってきています。

 「一つのタイトルに対する大量の需要」よりも「無数のタイトルに対する無数の需要」の集合体の方が
大きくなってしまったとき、現代の紙媒体の業界では、この市場に対応できません。(いわゆる同人市場というやつですね)

 そこで登場するのが「電子書籍」なのですが・・ちょっと今回は長くなったので、気が向いたらこの話の続編を書きたいとおもいます!
たぶん需要ないけど!!w

それでは今回もながながと失礼しましたー!またよろでっすぅー!!

TSFVR1




爽快!エンターテイメントコミック!
TSFVR1巻: 「入れ替わり探偵三條目の解決力。」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;
 




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 3巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 2巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 一巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

kani

熊本在住の漫画家。漫画を描かない日はない。先の熊本地震のさなかにも、揺れながら漫画を描いていた。しかしその漫画はボツになった。どんなボツ作品にも全力で取り組むそのスタイルは、果たして長所なのか短所なのか、いまだ彼にはわからない。