【プレゼントキャンペーン】平成の憑依おじさん CM#4



親愛なる皆様こんにちわ!漫画家のカニです!

ところで皆様!この孤独な漫画家である私が、短くはないこれまでの人生で、人並みはずれて、「やってこなかったこと」はいったい何かわかりますでしょうか?

わかるわけないですよね!逆にわかったらすげぇ怖いです!
ってことですぐ答えを発表しちゃいますと、

それは誰かに「贈り物」をあげることです。

皆さま、最近、親しい誰かに贈り物をあげたことはございますか?
家族、友人、恋人に、誕生日や記念日、またはなんの変哲もない日に突然のプレゼントは喜ばれますよね!

たとえそのプレゼント自体に、あまり魅力を感じなかったとしても、贈られていやな気持ちになることってほとんどありませんよね!

そんな人と人のつながりにおいて、もっとも大事な「贈り物」を、私は、ほとんどと言っていいほど、してこなかったワケなんですよ!

だってなんか恥ずかしいじゃないですか!相手が親しければ親しいほど恥ずかしいじゃないですか!!
だからいままでこの「プレゼント」なるものを贈り贈られることをスルーしてきた人生だったのですが、

もうそんな人生は今日で終わりです!

・「平成の憑依おじさん 一巻」を購入された方に、ちょっとエッチなプレゼントを差し上げます!

冒頭のマンガで、宣伝する子が説明してくれている通り、本を買ってくれた方々に感謝の意をこめて、ちょっとエッチな画像をさしあげます!!
ご応募の方法はマンガでお伝えしている通り、pixivで私のチャンネルにメッセージをくだされば、時間がある時に返信いたします。
また、私のツイッターなどのメッセージでも受け付けております!
ようするに、第三者の目に触れない非公開の環境でやりとりができる場所であれば、対応できると思います!

そして出題するクイズに関してですが、非常に簡単なものです。
「あのシーンに登場したキャラクターの名前」などです。

「あ、この人はちゃんと本を購入された方なんだな」ということがわかりさえすればいいので、どうかお気軽にご応募してくださればと思います!

キャンペーン期間の終了は、とりあえずまだ決めてないです。

いったいどの程度の応募があるのか検討がつきませんので、キャンペーンの終了の期日は未定とさせてもらいます。
なにかのきっかっけで(画像が紛失したなど)急に中止となることも十分ありえますので、
どうかご関心のある方はお早めにご応募いただければさいわいです!!

そしてどうしても言っておかなければならない注意事項です。

注意
今回のプレゼントキャンペーンによって発生した全てのトラブルにつきましては
当方は一切の責任を負いません。なのでそれにご同意された方のみ、ご応募いただければと存じます!

・今後も、私の発信する有料のコンテンツを楽しんでくれた方を対象とするキャンペーンを、いろいろやって企画して行きたいとおもっております!

今回はほんとうにちょっとしたプレゼントですが、今後も引き続き、
有料コンテンツを楽しまれた方を優待するキャンペーンを、いろいろ企画していきたいなと思っております!

ですので、こちらに関しましても、「こういうキャンペーンをしてほしい!」とか皆様の中にご意見ご要望がございましたら、
どうぞ気兼ねなく、軽い気持ちでおっしゃっていただければと存じます!!

いやーそれにしても、やっぱり人になにか物を贈るって、気持ちがいいものですねー!

なんせ見返りを求めてませんからねー!ほんとに無私の心!!ほんと、

「これで本を買ってくれる人が増えて結果オレが得する」なんて全然思ってませんから〜!!

マジですよ!マジ!

それじゃぁ今回も長々と失礼しました!!またよろでっすぅーー!!

 

マンガ買ってね!!

TSFVR1




爽快!エンターテイメントコミック!
TSFVR1巻: 「入れ替わり探偵三條目の解決力。」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;
 




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 3巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 2巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 一巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kani

熊本在住の漫画家。漫画を描かない日はない。先の熊本地震のさなかにも、揺れながら漫画を描いていた。しかしその漫画はボツになった。どんなボツ作品にも全力で取り組むそのスタイルは、果たして長所なのか短所なのか、いまだ彼にはわからない。