・【宣伝】平成の憑依おじさん CM#3 (本をご購入された方!ありがとうございます!)

 

親愛なる皆様こんにちわ!漫画家のカニです!

いやー非常に有難い!有難すぎてもうよくわかりません!w

おかげさまで、新刊「平成の憑依おじさん 一巻」がいい感じで売れております!

まさか、こんなにいいペースで読まれるとは思っておりませんでした。
やっぱり何事も、やってみないとわかりませんね!

本当にご購入された親愛なる皆様!ありがとうございます!!!!

自分の目的とする数字にはまだまだ及びませんが、地道に着実に成長しながらやっていけたらと思っております!!

新刊も出したので、ここしばらくは「平成の憑依おじさん」を重点的に連載していきます!!

いままで、当ブログでは主に3作品ほどの漫画を連載してきたのですが、
ここしばらくは「平成の憑依おじさん」を重点的に連載していきたいと思います!

もちろん、ストーリーが途中なものも多々ありますし、ある程度のネタも残っておりますので、なんとか進めていきたいとは思っておりますが、

実質的な需要が確認できた以上、「平成の憑依おじさん」のクオリティをあげるしかありません!!w

CMの女の子も言っているとおり、「平成の憑依おじさん」は皆様のご意見とともに作り上げてきた漫画です。

まず私は一年前までは「TSF」や『入れ替わり』というジャンルの存在すら知りませんでした。
そればかりか大ヒットした映画「君の名は。」すら、まだ見ておりませんでした。

しかしある時、ピクシブで皆様のリクエストを募っていたところ、たまたまそのジャンルの漫画を描くことがあり、
描いて投稿して見たところ、普段は多くて1000人ほどのPV数しか記録しない私のチャンネルが
瞬く間に1万人の方が来てくれるようになったのです。

 その経験から私は、「皆様の個人的な要望の中には、多くの人たちの要望を代弁していることが多々あるんだ」ということに気づかされたのです。

ですので、「平成の憑依おじさん」だけにとどまらず、私の全てのコンテンツには皆様のご要望をできるだけ反映させていきたいと思っております!
ずべての要望を反映することが難しければ、その「要素」を抽出し、なんらかの形で表現してみせます!w

ですので、どうか皆様、なんでも構いませんので、ご意見ご要望、いつでもお待ちしておりますよー!

今後はブログで無料公開しない、非公開の秘密の漫画も描いていきます!

私のこれまでの活動はほとんど無料でしたが、今年からは有料のコンテンツも充実させていきたいなと思っております!!

「全部見せて!!」とおっしゃる意見も非常に理解できますが、やっぱり「秘密があった方が楽しい」と思うのです。

たとえば今回発売した新刊では、秘密のおまけ漫画をのせておりますが、読まれた方から「いつもとちがうテイストだ」という評価をいただいております!
やはり、漫画を描く身として、クローズドで漫画を描く感覚というのは非常に楽しいです。

無料でフルオープンで公開する漫画だと、どうしても、個人的なマニアックな部分を表現することを躊躇してしまうのです。
ですが、ある程度私の作品や作風を認知していただける読者の皆様に対して描く漫画は、
そういうパブリックな面に配慮せず、気兼ねなく漫画を描ける感覚がありますw

なんたって、ある程度エロいやつも描けますしねっっ!!

ですのでこれからは、秘密の有料コンテンツも充実させて参りたいとおもいますので、どうかご興味のある方は
ぜひぜひお財布の紐を緩くしていただいてw我々のめくるめく秘密の世界に来ていただければと思います!!

それでは今回も長々と失礼しました!!また明日なにかあげます!

それではまたよろでっすー!失礼しまっすぅーー!!

TSFVR1




爽快!エンターテイメントコミック!
TSFVR1巻: 「入れ替わり探偵三條目の解決力。」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;
 




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 3巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 2巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 一巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kani

熊本在住の漫画家。漫画を描かない日はない。先の熊本地震のさなかにも、揺れながら漫画を描いていた。しかしその漫画はボツになった。どんなボツ作品にも全力で取り組むそのスタイルは、果たして長所なのか短所なのか、いまだ彼にはわからない。