・【映画レビュー】TSF(憑依、乗っ取り)が現実化する未来!ハリウッド版「攻殻機動隊」感想!

JYOSYU
・・あれ?あなた誰?この研究所には、私とうんこ野郎しか入れないはずだけど・・
HAKASE
私がそのうんこ野郎だよ、助手くん!ふははは!どうかね!私はマンガの力をつかって自分の描いたキャラクターと入れ替わったのだ!

・【おバカ企画】オレだってTSFしてみたい!

2017.09.17
JYOSYU
このおっさんはまたわけわからんことを・・。で、博士。今日は何をやるんですか?
HAKASE
あれ!リアクションその程度!?あいかわらずクールな女だな!今日は最近私がみたハリウッド版「攻殻機動隊」のレビューの話をさせてもらおうかと思っておる。

・スカーレット・ヨハンソンの魅力に圧倒された!

HAKASE
今回、主人公の草薙素子という、全身のほぼすべてを義体化したサイボーグの女性の役を演じた、女優スカーレット・ヨハンソンの演技の奥深さに、ほんとに私は脱帽したよ!
JYOSYU
ほんとにすごい役者さんですよね。ミステリアスで、終始どこまでも引き込まれちゃうような魅力があります。
HAKASE
普通、映画にでてくる役者の顔をみつづけると自然と親しみがわいてくるんだけど、スカヨハはずっとミステリアスで、何考えてるのか、感情がどこにあるのかまるで掴めないんだよね。本当にこの映画の草薙素子役に適任だと思う!
JYOSYU
「自身の魂に疑念を抱き続ける存在」というすごくむずかしい役は彼女じゃないとハマらなかったかもしれませんね。他の出演者はどうでしたか?北野監督もご出演されてますが、
HAKASE
うん・・やっぱね、海外の人が思ってる「北野 たけし」と、日本人にとっての「ビートたけし」はやっぱね、なんというかこう・・違う見え方がしちゃうんだよねーオレの場合。
JYOSYU
たしかに、その役者さんがどういうキャラクターかってことがバレすぎてると、親しみが逆に感情移入しにくくなる原因になっちゃうってのはありますね。
HAKASE
とくに原作がマンガやアニメの場合ってそうだよね。映画みながらいつ荒巻課長が「少佐!このやろう!」って言うのかと思ってハラハラしてた。
JYOSYU
ハリウッド作品にそんなセリフがあるわけないでしょ!

・いまいち描ききれてなかった「魂(ゴースト)の概念」

HAKASE
本作は、非常にクオリティもたかく、原作へのリスペクトにもとづいたオマージュに溢れた作品なんだけど、ただ残念なことがあって、それは原作「攻殻機動隊」の核となるテーマ、「魂(ゴースト)」に関する要素が非常に希薄だと、私は感じた。
JYOSYU
お、ディスリですか?
HAKASE
いやディスってねぇよ!ただ、やっぱりなぜ「攻殻機動隊」という作品が、日本のそれもマンガから産まれて来たのかってことがよくわかってさ、日本人ってやっぱりすごく魂というものを信じてると思うんだ。
JYOSYU
大和魂(やまとだましい)って言うくらいですからね。たしかに、この「攻殻機動隊」の魂を乗っ取るという発想は、先日レビューした映画「君の名は」と同じジャンルのものからきてるともいえますね。
HAKASE
そう!このブログで描いてるジャンル「TSF」なんだよね!やっぱりなぜ日本でこれほど、マンガやアニメ、ゲームが発展するのかと言うと、やっぱり根底に「自分以外の誰かの人生をのぞいて見たい」という欲求があるからなんだと思う。
JYOSYU
でもハリウッド版の「攻殻機動隊」にはその要素がうすかったと、博士は偉そうにディスってるワケですね?
HAKASE
だからディスってねぇよ!畏れおおいわっ!ただ、今作の製作陣が魂の概念を掴みきれてなかったんじゃないかなーと思っただけ!その証拠にラストが、日本版の攻殻と真逆でしょ?
JYOSYU
あれには驚きました。「こんだけオマージュ散りばめといて、そこはすんなり変えちゃうんだ!」って思っちゃいました。「ありえねー!」って思っちゃいました。
HAKASE
オメーの方がディスってね!?

・電脳ハッキングがおこる時代はもう目の前まできている!

HAKASE
しかし、ほんとこの「攻殻機動隊」の中で描かれてる世界に、現実がだんだん近づいていってる感じがものすごくする昨今だよね。
 
JYOSYU
もう実際に脳の一部を電子化する研究がはじまってるそうですしねー。いよいよって感じです。よかったじゃないですか博士。
HAKASE
え?よかったって何が?
JYOSYU
え?電脳化すれば、博士のその、欠陥だらけの脳みそも、人並みなやつに作り変えれるじゃないですか!
HAKASE
ばっ、バカモン!オレは電脳化しねぇよ!電脳ハッキングで乗っ取られるかもしれないだろ!
JYOSYU
冗談言わないでください。だれも博士の脳みそなんて乗っ取りませんよ!博士の脳みそなんて、乗っ取る価値ゼロなんですから!
HAKASE
ひ、ひどい!そこまで言わなくていいじゃないか!なんでそんなひどいこと言うんだよっ!うぇーん!
JYOSYU
ご、ごめんなさい!だって・・・そうささやくのよ、私のゴーストが。
HAKASE
お前のゴースト性格わるっ!
TSFVR1




爽快!エンターテイメントコミック!
TSFVR1巻: 「入れ替わり探偵三條目の解決力。」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;
 




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 3巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 2巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




nbsp;




爽快!エンターテイメントコミック!
「平成の憑依おじさん 一巻」

アマゾンキンドルにて、超絶販売中!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kani

熊本在住の漫画家。漫画を描かない日はない。先の熊本地震のさなかにも、揺れながら漫画を描いていた。しかしその漫画はボツになった。どんなボツ作品にも全力で取り組むそのスタイルは、果たして長所なのか短所なのか、いまだ彼にはわからない。